カジノの営業再開の可能性とソーシャルディスタンスのルールについて

新型コロナウイルスの感染拡大は、世界中のあらゆる産業に打撃を与えており、カジノ業界もパンデミックにより大きな影響を受けています。ワクチンの開発が希望の光を灯しつつある一方、ソーシャルディスタンスが「新たな日常」の一部となり、カジノの営業が再開されるのもそう遠い日のことではないと思われますが、営業再開にあたっては適切な予防策の実施が前提となるでしょう。近いうちにカジノを訪れる機会がある方は、さまざまな変化を受けとめる必要がありそうです。

わざわざ海外のカジノに足を運ばなくてもいつでもどこでも、本格的に本場カジノの臨場感を味わいながらプレイできる!それが、VeraJohnライブカジノ!

カジノの営業再開に伴う感染予防策は以下のとおりです。

1.ゲスト、従業員を問わず、公共の場におけるマスクの着用は必須です。マスクを着用しないでカジノに入場することはできません。ただしセキュリティ上の認証目的で、マスクを一時的に外すように求められる場合があります。

2.従業員は全員、業務開始時に検温を実施し、ゲストは全員、従業員による入場前の検温が義務付けられます。

3.ゲームエリア内およびホテル施設付近の人数制限を実施します。従業員を除いて収容可能な人数の25%に制限されます。

4.ソーシャルディスタンスを常に確保する必要があります。テーブルゲームの座席は1席ずつ間隔を空けて着席するようにします。

5.施設内の清掃は特に入念に行われます。

6.ゲストが安全にゲームを楽しむための対策として、ゲームオペレーターとゲストの間にアクリル板が設置される場合があります。

7.ゲストおよび従業員用に消毒液台が適宜設置されます。

8.テーブルあたりの最大プレイヤー数が制限されます。たとえば、ブラックジャックのテーブルに座れるプレイヤーは3人までです。

9.現在、屋内のショー会場、ダンスフロア、ナイトクラブの営業は禁止されています。

10.行政規定2020-19により、ゲーム施設内での喫煙および電子タバコの使用は禁止されています。

カジノ経営者はゲストの安全確保のため、上記以外にもさまざまな予防策を実施します。

1.従業員は常にマスクを着用し、ゲストや同僚から6フィート (180cm) の距離を保つ必要があります。

2.経営者は、従業員にマスクと消毒用品を提供する義務があります。

3.従業員は、マシンおよびプレイエリアを消毒する義務があります。

4.従業員は全員、業務開始前に検温を実施し、高熱があった場合は、施設内への入場が禁止されるとともに、PCR検査の実施を義務付けられます。

5.従業員は衛生基準を順守する義務があります。

6.在宅勤務が可能な従業員は、状況が正常化するまで在宅勤務が許可されます。

以上のような予防策の徹底を前提として、ゲストと従業員の安全ために万全の対策を講じたうえであれば、カジノが営業を再開する準備が整っていると考えてよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *